アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「木簡」のブログ記事

みんなの「木簡」ブログ


木簡が語る知られざる飛鳥

2008/07/13 12:15
昨日は、両槻会の第9回目の定例会で、飛鳥資料館の会議室をお借りして講演会が開催されました。
今回の講演テーマは、この10年の間に大量に出土した木簡が語る飛鳥のお話で、講師は奈良文化財研究所都城発掘t調査部の主任研究員の市 大樹先生です。

市先生は、発掘された木簡の解読を担当されている気鋭の考古学者で、先般も、藤原宮跡から出土した「右大殿荷八」の木簡の「右大殿」が藤原不比等を示すもので、出土箇所の近辺に不比等の屋敷があったのではと推定され、注目されています。

今回の講演では、飛鳥の中でも特に8000点に及ぶ大量の木簡が出土した「飛鳥池遺跡」(万葉文化館建設地)を中心にお話をお聞きすることができました。
この大量の木簡の解読を通して、富本銭出土で注目された飛鳥池遺跡で、当時この工房の第一線現場で金属製品の生産に携わった渡来系技術者の工人たちの姿が見えてくるというお話はとても感興のあるものでした。

木簡に記された東漢人を中心とする工人名や地名(朝妻、佐味)から、葛城山麓に住み着いた金属生成の高度な技術者集団が、葛城氏の滅亡とともに蘇我氏に取り込まれ、蘇我本宗家の滅亡とともに、天皇家に引き継がれていった過程が見えてくるという。

律令国家草創期を先進的技術を持って生き抜いたこれら渡来系の氏族は、動乱の古代史のテクノクラートとして、この国のかたちつくりに大いなる貢献をした様が、木簡の断片から読み解っていくことができるというお話を聞いていると、木簡は土の中に埋もれた生の第一級の資料であると思われました。

一つの木簡の短い文字断片だけで、それが何を目的に、何について書かれているのかを読み解くのは至難の作業であろうと思われます。しかし、近時大量に木簡が出土するようになって、これまで不明だった木簡の断片が語る古代史の現場が垣間見えてくるようなになったようです。これまでは文字の判読が困難だったものが赤外線写真の分析技術などによって読み解かれつつあります。

遺跡や遺構から出土した木簡を読み解くまでには、周辺木簡の出土や解析技術の進歩に待たねばならない木簡が多数あり、解読内容が定着するまでにも時間がかかるようです。それまで一定の解読作業を終えるまでの木簡は水漬けのまま保存されているというお話でしたが、全国に35万点もあるとされる木簡の読み取り作業は、まさに気の遠くなるような作業です。

これからも出土するであろう木簡によっては、数十年の歳月を経てあらためて注目を浴びる忘れられていた木簡も、古代史を塗り替えるような解読が行われる可能性もあり、木簡が語る知られざる歴史の断章に興味を強くひきつけられる講演でした。

講師を快くお引き受けいただき、貴重なお休みのときを割いて熱心にお話いただいた市先生や、会場として飛鳥資料館を提供いただきました杉山先生や館員の皆さんにお礼を申上げます。ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「木簡」ブログ

太古のひびき 木簡のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる