テーマ:葛城古道

注連縄作り初体験

葛木御歳神社の奥山の磐坐に掛ける注連縄を作るという貴重な体験に参加してきました。 子供の頃に祖父に教えられて縄を綯った記憶はあるのですが、注連縄と普通の縄綯とはやはり勝手が違いました。 もともと縄を綯った記憶があるだけで、実際にはこれまで綯ったことがないだけに、ほとんどの参加者と同じく初体験そのものでした。 三束に分けた藁…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御所市茅原の大とんど

毎年1月14日に、役行者の生誕地と伝えられる御所市茅原の吉祥草寺の境内で巨大なとんどが焚き上げられます。 このとんどを一度は見てみたいものと思っていましたが、今回やっと念願が叶いました。 葛木御歳神社の奥山登拝を終えて、すっかり暗くなった茅原の里に辿り着くと、吉祥草寺の参道だけが明るいオレンジ色の露店の灯で賑やかに照らし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋祭りたけなわの葛城の里

7日から9日の連休は、各地で秋祭りが行われ、風に乗って鉦や太鼓の響が一日中どこかで聞こえてきます。 大人に混じって、神輿やだんじりを担いだり引いたりする子供たちの法被、鉢巻姿は、なんとも可愛いものです。 大きな神社の祭礼から里道で出会った小さな在所の秋祭りまで、祭りを通じて地域の人々が一体になるこの時期は、歩いていても特に和まさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年の彼岸花

9月の声を聞くと、飛鳥、葛城の彼岸花が思い出され、まだつぼみの頃から彼岸花を求めて野道を歩き回りました。 今年は残暑が厳しかった所為か、例年ならお彼岸の前にも見ごろを迎えるのですが、今年はちょうどお彼岸の頃に見ごろとなりました。 彼岸花が田んぼの畦や野道を彩るためには、夏草の刈り取り作業が欠かせませんが、この時期がずれると、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

葛城古道の彼岸花

今年は残暑が厳しかった所為でしょうか、彼岸花の見ごろの時期が少し遅れています。 飛鳥では、昨日から彼岸花祭が行われていますが、彼岸花はまだ開き始めたばかりです。 今日は葛城古道の彼岸花の開花状況を下見に、九品寺から一言主神社を訪ねてきました。 台風13号の接近で雨風が心配でしたが、何とかお天気はもってくれました。 葛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

観音田(その後)

葛城の田んぼの中にぽつんと小島のようにに浮かぶ古塚の「観音田」が横穴式古墳の一つであることが分かりました。 御歳神社の宮司(東川さん)が「葛上村史」(昭和33年)に記述があることを見つけてくださいました。 その村史によると、 観音田古墳 田の最中に三個ばかりの石を残す。土地の人は観音田と呼ぶ。それは一個の大きな石の南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音田

葛城の朝妻の地に「観音田」という小字があります。谷一つ挟んで北窪の地になります。 国道24号線「五百家」(いうか)の信号から山手に上り、山麓線に出会う少し手前右手の田んぼが小字の位置になります。 この観音田と呼ばれる田んぼの真ん中に木の生えた石組の塚があります。 船宿寺の「はーもにー」さんが「タイシ」さんのブログに掲示されてい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

古事記

毎月第四土曜日に開催される「古事記に親しむ会(初心者講座)」に初めて参加してきました。 会場が日頃通いなれている葛城の「かもきみの湯」ということもあって、神代の時代に思いをはせるにふさわしい講座かなとでかけました。 まるでおとぎ話のようなあの古事記の内容は断片的に知っていますが、そもそも古事記とは何のために書かれ、この国の成り立…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葛城古道にかかる冬の虹

お正月の二日。 多勢の参拝客で賑わう神社と異なり、葛城にある鴨三社(鴨都波神社、御歳神社、高鴨神社)は、静かな佇まいの中で新春を迎えていました。 雑踏のない清らかな境内を巡って参拝すると、あらたまる年のはじめを感得することができました。 歩きなれた古道に氷雨が降り始め、道を急いでいると、上り詰めた坂道からうっすらと虹がかかるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御歳神社のお年玉

葛城の古代豪族鴨族ゆかりの古社のひとつで、弥生の昔からこの地に鎮座する御歳神を祀る「御歳神社」。 昨年宮司の資格を得られた東川優子さんが氏子さんとともに、歴史のあるこの古社を守っていくために奮闘されています。 葛城古道から少し離れているため、これまであまり訪ねる機会がありませんでしたが、昨年はネット仲間の縁で古道歩きの安らぎの場…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ナンバンギセル

連日の猛暑から逃れるように葛城山に登ってきました。といっても、山に登ったのはロープウエイで、太古は貸切の社内にゆったり座っていただけで、あっという間に登り切りました♪ さすがに1000メートル近い葛城山頂は、地上の炎暑とは別世界で、涼しかったですね。 歯医者に立ち寄ってから上りましたので、山頂に着いたのはもうお昼でした。さっそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏越しの葛城古社

昨日は、午後から葛城御歳神社で行われる笙と篳篥のミニ演奏会のご案内を受けていましたので、ネット仲間の皆さんと風の森にある高鴨神社で待ち合わせすることになりました。 今宵、夏越しの祭が行われる高鴨神社では、朱塗の鳥居の下に大きな茅の輪が設けられていました。 梅雨明け後厳しい暑さが続いていましたが、この日の葛城の地は曇天で比較的凌…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高天彦神社

梅雨の時期にもかかわらす、雨が降りませんね。今日も真夏のような蒸し暑い一日でした。 お昼に病院の母を訪ねましたので、週末のデジカメ行脚には中途半端になりましたが、葛城古道の紫陽花も気になり、少し遠回りで出かけて来ました。 古道の中でももっともお気に入りの高天は、まさに隠里の雰囲気があります。この時期は雨に煙る高天原を歩きたかっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

葛木御歳神社の鳳凰

近畿も梅雨入りとなった11日。ときおり雨脚が激しくなる中、ネット仲間の風人さん、笑いネコさんと葛木御歳神社を再訪してきました。 禰宜の東川(うのかわ・みとせさん)が出迎えてくださり、初対面にもかかわらず気さくに応接していただき、ネット談義も交えた楽しいひと時を持つことができました。 弥生時代に遡るのではと言われる神社の由来をお…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more