テーマ:

春爛漫の山辺の道

今日は、天理の石上神宮から長岳寺を目指して、春盛りの山辺の道を歩いています。 内山永久寺跡の桜は、ちょうど満開の春を迎えていました。 (現地からの携帯投稿) 内山永久寺は、関西の日光東照宮ともいわれる大伽藍を誇っていたようですが、明治の廃仏稀釈によって伽藍のすべてが取り壊され、今では本堂の池だけが往時の面影をとどめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄砂舞う春の飛鳥

昨日は折角の桜日和と期待していましたが、朝から強い季節風が吹き、見ごろを迎えた桜も大揺れの一日でした。 おまけに偏西風に乗って中国大陸からやってきた黄砂が空を覆い、午後遅くなると日輪がお月様のように見えたから驚きです。 甘樫丘にも登ってみましたが、満開の桜越に見える飛鳥の景観は、まるで夕闇に包まれたように霞んでいました。 …
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

当麻寺宗胤院の茶粥御膳

今日はお休みをいただいて、見ごろを迎えた桜を求め、当麻寺、葛城九品寺を訪ねて来ました。 冷え込みで足踏みをしていた里桜も、そろそろ満開の時期を迎えつつあります。 当麻寺境内は、ほぼ満開の華やぎでした。 桜を愛でながら、久し振りに当麻寺宗胤院の茶粥御膳をいただいてきました。 予約をしていませんでしたが、ご本尊阿弥陀如来の部屋に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

専称寺の枝垂れ桜

二上山登山口に当たる香芝市畑の集落に浄土宗のお寺「専称寺」があります。 専称寺という名称のお寺は明日香村にもあり、この名称のお寺は各地にあります。 安土桃山時代の創建になるお寺で、観音堂に安置されている十一面観音菩薩立像で地元の信仰を集めているお寺ですが、境内の見事な枝垂れ桜に惹かれて毎年のように訪ねる方もいるようです。 太古…
トラックバック:7
コメント:1

続きを読むread more

桜が咲きました

今朝、庭の片隅で我が家のソメイヨシノが可憐な花を開いていました。 待ちに待った春がもうそこまで来ていますね。 今年は厳冬の影響で、梅の花がまだ見ごろですが、桜の見ごろは例年よりはかなり早まりそうな気配です。 今年の桜はどこの桜を訪ねるか、悩むところです。 桜の見ごろに休日とお天気が重なるチャンスは限られます。 あちらもこち…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more