アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「桔梗」のブログ記事

みんなの「桔梗」ブログ


元興寺の桔梗

2008/07/06 18:54
画像奈良国立博物館で開催されている「国宝法隆寺金堂展」にでかけてきました。

目の位置で直に眺められる四天王像や釈迦三尊の天蓋は、展覧会ならではの拝観でした。
日本最古の四天王像は東大寺戒壇院のものなどと比べると、表情がのっぺりしていて、飛鳥時代特有の渡来系の色彩を色濃く留めている印象でした。
画像
半世紀前に火災で焼損した金堂壁画も、日本画壇の重鎮によって正確に焼損前に復元されたものを、全12面すべて間近に拝観することが出来ました。

展示室は金堂内部の荘厳さに設えられていて雰囲気がありました。

博物館の後、奈良町の元興寺を訪ねて来ましたが、境内の桔梗は早くも見頃になっていました。
石仏の間にまるで星屑を散りばめたように咲く桔梗の立ち姿に、炎暑を忘れさせる清々しさがありました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ならまち

2005/07/03 23:30
画像
桔梗が咲いているかもしれないと思い、梅雨空の中、江戸末期の町屋の佇まいを今に伝える奈良町にでかけてきました。

ならまちは元興寺の旧境内を中心とした一帯の名称で、行政区画の名称ではありません。
その町の中心となっている元興寺(前身は飛鳥寺)極楽坊境内には多くの石仏が寄せ集められています。その石仏にまるで供えられたかのように、この時期、桔梗の花が咲きます。

激しくなる雨脚の中、桔梗は、濡れそぼつ石仏の間で鮮やかなブルーの花姿を見せていました。
雨の雫に頭を垂れる花をどう捉えればよいのか、そんな思案の間もない雨降りのならまち散策になりました。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


トップへ | みんなの「桔梗」ブログ

太古のひびき 桔梗のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる